1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精油の選び方

お久しぶりです

今日は精油の選び方について書きたいと思います。

以前の記事

偽物の合成オイルに注意!!と書きましたが

今回はもう少し詳しく書きます。

一見すると精油と間違えてしまいそうなのが

『ポプリ用オイル』

『フレグランスオイル』などといった表記のもの

そのほかにも

『精油』『アロマオイル』と表記していても

中身になにか不純物を混ぜていたり

安価な精油を混ぜ合わせて高価な精油の香りに似せたり

といったことがあります

本当の『精油』を選ぶためには以下の点をチェックしてみてください


ラベル表記を確認

学名が表記されていること。

  学名は世界共通認識の呼称としてラテン語で記されています。
  同じ名称でも種の違うものを区別するときに学名で確認できたりします。


原産地が表記されていること。

  同じ植物でも産地や生産年、季節によって成分がかわります。


抽出部位が表記されていること。

  同じ植物からでも精油を抽出している部位が違えば
  精油の名前も成分も大きく変わります。
  効能や用途にも影響があるので必ず抽出部位を確認してください。


使用期限が表記されていること。
  精油の製造年月日か使用期限が表記されているものを選んでください。
  1度開封したら半年から1年以内に使い切るようにしてください。
  (柑橘系の精油は劣化が早いです)


ロット番号が表記されていること。
  ロット番号とは蒸留した精油の整理番号のことです。
  万が一何か不具合があった際にこのロット番号で
  精油の製造履歴を確認することができます。


専門店で購入してください。

  初めてや不慣れな間は専門的な知識を持ったスタッフがいる

  専門店でいろいろ相談しながら購入してください。

  生活の木NEAL'S YARD REMEDIESが有名で大きいです。

  私個人の意見ですが

  生活の木ではアルバイト店員が多く、

  あまり専門的知識を持っているとは思えないスタッフも見受けられます。

  が、アロマテラピーに慣れてくれば商品量が豊富で使いやすいお店です。

  一方NEAL'S YARD REMEDIESは専門的な知識を持ったスタッフが

  多いように感じます。

  が、初めての場合お店の雰囲気によっては入りにくいと感じるかも知れません。


成分分析データが添付されていること。

  成分分析データとは1瓶ごとの精油成分を示したものです。

  通常はロット番号で管理されています。


ドロッパーが国際規格であること。

  ドロッパーとは精油の瓶の口の部分です。

  そのドロッパーには国際規格があり

  1滴で0.05ml~0.06ml出るようになっています。

  正しい濃度で使用するためにはこのドロッパーが必要です。


あまりにも安い製品には気を付けること。

  以前の記事でも書きましたが

  精油には植物の有効成分が凝縮されています。

  大量の花や葉などから少量の有効成分を取り出すので

  それなりの値段がつきます。

  安価(100円均一や雑貨店など)で売っているものは怪しいと思ってください。


と、いろいろと書きましたが

難しく考えずとりあえず専門店に足を運んでみてください

初めてや不慣れな場合、直接店舗に行って

香りを試しながら購入する方が良いです

効能も気になりますが

まずは好きな香りを探してみてください

そしてその香りを存分に楽しんでください

いくら効能が良くても嫌いな香りなら

効果は半減…(もしくはそれ以下になるかも知れません)

本物の精油の香りを楽しむことが

アロマテラピーの基本です





人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

ゆむぅ

Author:ゆむぅ
アロマテラピーを始めて
8年がたとうとしています。
アロマテラピーが普及するにつれ
嬉しい反面、
間違った情報までもが
浸透してしまっている昨今…。
安全で正しい知識を知ってもらい
本当のアロマテラピーを楽しんで
もらいたいなと思っています^^

最新記事
カテゴリ
オススメ
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス数
gremz
記事を書けば書くほど木が生長していきます。 そしてgremzの木が生長したら 現実世界で植樹が行われます^^
リンク
記事検索
PR
RSS
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。