1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマテラピーの注意点 -使ってはいけない・注意が必要な精油-

前回の記事を書いてから

かなり時間があいてしまいました

今回は使ってはいけない精油・注意が必要な精油です。

以前の記事にも何度も書いていますが

精油は有効成分を高濃度に凝縮しています。

正しく使わなければ毒にもなってしまうことも

それだけ心身に働きかける力が強いと言えるでしょう


使用してはいけない精油一覧

【生理中】
クラリセージ
クローブ
シナモン・リーフ
スイート・マジョラム
フェンネル
ミルラ

【妊娠初期】
イランイラン
オレンジスイート
カモミール・ローマン
カモミール・ジャーマン
サイプレス
ジュニパー
スイート・マジョラム
ニアウリ
パイン
レモングラス

【妊娠中】
クラリセージ
クローブ
シダーウッド
シナモン・リーフ
ジャスミン・アブソリュート
スイート・マジョラム
タイム
バジル
パルマローザ
フェンネル
ペパーミント
ミルラ
メリッサ
ローズ・アブソリュート
ローズオットー
ローズマリー
ヤロウ


【授乳中】
クローブ
シダーウッド
フェンネル
ヤロウ

【低血圧の人】
イランイラン
カモミール・ローマン
スイート・マジョラム
ベルガモット
ラベンダー

【高血圧の人】
タイム
ローズマリー

【飲酒時】
クラリセージ

【運転前】
クラリセージ

【3歳以下の子供】
クローブ
ジンジャー
タイム
バジル
フェンネル
ペパーミント
ユーカリ
レモングラス
ローズマリー

【てんかんの人】
シダーウッド
バジル
フェンネル
ローズマリー

【キク科アレルギーの人】
カモミール・ジャーマン


注意が必要な精油一覧

【使用後12時間紫外線や日光に当たってはいけない】
アンゲリカルート
グレープフルーツ
ベルガモット
レモン

【低濃度(1%以下)で使用しなければいけない】
イランイラン
カモミール・ジャーマン
クローブ
シダーウッド
シナモン・リーフ
ジャスミン・アブソリュート
ジンジャー
タイム
ネロリ
バジル
フェンネル
ベルガモット
メリッサ
レモン
レモングラス
ローズ・アブソリュート
ローズオットー

【まれに刺激があるので敏感肌の人は注意が必要】
イランイラン
オレンジスイート
クローブ
シナモン・リーフ
ジャスミン・アブソリュート
ジュニパー
ジンジャー
スイート・マジョラム
ゼラニウム
タイム
ティートリー
ニアウリ
パイン
バジル
ブラックペッパー
ペパーミント
ベルガモット
ベンゾイン
メリッサ
レモン
レモングラス
ヤロウ
ユーカリ


上記の項目に当てはまる人は

十分に注意して使用してください。

どうしても使用したい時は

専門家の方に相談してください





人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

アロマテラピーの注意点 -精油について-

今回は『アロマテラピーの注意点-精油について-』です。

注意点は以下のとおりです。


飲まないでください。

  フランスでは医師の指示の元服用することもあるそうですが、

  日本では認められていませんし、

  精油の成分が粘膜を刺激しすぎる恐れがあります。

  少量でも誤飲した場合は

  すぐに多量の水で口をすすいで精油を吐き出し

  医師の診断を受けてください。

  目に入った時も同様です。


精油の原液を直接肌につけないでください。

  精油は植物の有効成分が凝縮されいているので

  刺激が強すぎます。

  精油の原液が肌についた場合は

  すぐに多量の水で洗い流してください。

  ただしラベンダー精油はつけることもあります。


お年寄りや既往症のある方の使用は注意が必要です。

  お年寄りは既往症のある方は香りに対してとても反応しやすいことがあります。

  どのような方法で使用するにも標準の半分以下の量でスタートしてください。


妊婦への使用は注意が必要です。

  正しい方法でアロマテラピーを実践して事故がおきたケースはないようですが、

  妊娠時はとても敏感な時期なので芳香浴法以外のアロマテラピーの実践は

  注意が必要です。

  精油の中には妊娠中に使用してはいけないものもあります。
  (詳しくはコチラ)

  もし芳香浴法以外の方法で使用される場合は

  マタニティアロマの専門家の方もいらっしゃるので

  相談してからにしてください。


乳幼児への使用は注意が必要です。

  3歳児未満の乳幼児には芳香浴法以外はオススメできません。

  乳幼児は抵抗力が弱く、体重も少ないので

  大人に比べて精油の成分の影響を受けやすいと考えられます。

  3歳以上のお子さんでも体重を考慮し、

  大人の2分の1以下の量で実践してください。

  また、使用できない精油もあります。
  (詳しくはコチラ)


光毒性(ひかりどくせい)に注意が必要です。

  多くの柑橘系の精油には皮膚に塗布した状態で日光に当たると

  紫外線と反応し、皮膚に炎症をおこすなどの毒性を示すものがあります。

  光毒性のある精油を外出前や外出時に使用するときは注意してください。


火気に注意が必要です。

  精油は引火する恐れがあるので

  台所など火のそばでの使用は注意してください。


保管の注意。

  小さいお子さんやペットの届かないところで保管してください。

  誤飲などを招く恐れがあります。

  精油は製造時から成分の変化が始まっているので

  高温多湿や空気(酸化します)、紫外線などで劣化が早まるので

  キャップを閉め冷暗所で保管してください。

  柑橘系精油は特に劣化が早いです。



精油は植物の成分を高濃度に含んでいますので

扱いを間違えれば事故につながる恐れがあります。

注意して楽しんでくださいね


人気ブログランキングへ


プロフィール

ゆむぅ

Author:ゆむぅ
アロマテラピーを始めて
8年がたとうとしています。
アロマテラピーが普及するにつれ
嬉しい反面、
間違った情報までもが
浸透してしまっている昨今…。
安全で正しい知識を知ってもらい
本当のアロマテラピーを楽しんで
もらいたいなと思っています^^

最新記事
カテゴリ
オススメ
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス数
gremz
記事を書けば書くほど木が生長していきます。 そしてgremzの木が生長したら 現実世界で植樹が行われます^^
リンク
記事検索
PR
RSS
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。